BIOGRAPHY

Tadaaki Kato
東京藝術大学音楽学部器楽科(トロンボーン専攻)卒業。
トロンボーンを故 白石直之、故 永濱幸雄、神谷敏、イアン・バウスフィールド、箱山芳樹、山本浩一郎の各氏に、室内楽を栗田雅勝、神谷敏の各氏に師事。

オーケストラや吹奏楽団での客演、スタジオワーク、ミュージカル等でも演奏活動を展開。
東京藝術大学管弦楽研究部(藝大フィルハーモニア管弦楽団)非常勤講師を経て、現在はソリストとして、またTrio“N”や金管五重奏団Buzz Fiveのメンバーとして全国各地でコンサートやアウトリーチ活動を展開。
 
中でも、大学の同期生で組み結成20周年を迎えた金管五重奏団BuzzFiveではこれまでに、「ジャパン・ブラス・コンペティション2001」に於いて金管五重奏部門第1位、併せて大賞、川崎市長賞、洗足学園賞を受賞。
アンサンブル能力や音楽の楽しさが伝わる舞台進行は高く評価され、
2017年そのコンサートの様子がNHK-FM、そしてNHK-BSPにて放送・放映され高評を博す。

演奏以外にも後進の指導に力を入れており、吹奏楽の分野ではバンドディレクターやコンクール審査員として、アウトリーチの分野では研修会での講師やコーディネーターとしての活動を展開。厚い信頼を得ている。
一般財団法人地域創造≪公共ホール音楽活性化事業≫協力アーティスト。
Trio“N”、金管五重奏団Buzz Five、アンサンブル東風、Da-Bone、
The Best Bee-Brass in Japan、シンフォニエッタ静岡の各メンバー。
日本吹奏楽指導者協会会員。